お見合いを通じて理想の結婚相手に巡り合う結婚相談所。結婚相談所ブライダル情報センターの「スペシャルマリッジ」



お見合いの際好まれる服装(女性編)


お見合いをされる際、当日の服装に悩まれる方は多いようです。特にサロン以外のカフェや駅などで待ち合わせの場合は事前に服装をお相手の結婚相談所にお伝えする必要がありますので、当日に変更することも難しいですね。こちらでは悩みがちなお見合いでの服装についてご紹介します。

清楚な装いがマスト

清楚な装いがマスト清楚とは、飾り気がなく清らかですっきりとしているさまのこと。まったくのすっぴんノーメイクや普段着はNGですが、過剰な装飾やおしゃれはお相手の男性を驚かせてしまいかねません。やり過ぎのオシャレはNGです。

また、露出度が高すぎたり、個性的すぎたりするファッションも控えておきましょう。具体的にはひざ丈のワンピースにカーディガンやボレロ、ジャケットなどを合わせ、髪は適度にふんわりと巻いた卸髪。バッグや靴は服装と色を合わせて、ヒールは高すぎない物がおすすめです。

女性らしい素材や服装

シフォンやサテンといった柔らかで光沢があり軽やかでふんわりとした素材で、パステルカラーやマカロンカラーに代表される薄ピンクやラベンダーやミントといった、春のような明るく爽やかな色合いを男性は好む傾向にあります。

また、揺れる素材のピアスやブレスレットといったアクセサリーや適度にきらめいたネイルカラーなどは視線を誘導する役割もあっておすすめです。

メリハリの利いたラインの服装

ボディラインにメリハリを持たせた服装。とはいっても極端な話ボディコンやスパッツというわけではありません。スカートはふんわりしながらもウェストはきゅっと締まっている、手首や足首、デコルテなどの細い部分がさりげなく見える、女性を魅力的に魅せてくれるデザインを選びましょう。

すとんとしたシルエットやてろてろした素材のチュニックやレギンスなどは、カジュアルすぎて婚活シーンには向いていません。